絶対に転職してはいけないブラック病院を見極める方法3つ

転職したいと思っていても、病院は多々あります。いわゆる「ブラック病院」と呼ばれているような、あまり労働環境の良くない病院があるのも事実です。実際に働いてみないと分からない部分もあれば、働く前の時点で気付ける部分もあります。そこで、ブラック病院を見極める方法をいくつか挙げてみるとしましょう。
看護師5

・いつも掲載されている病院

転職サイトにいつも掲載されている病院は、限りなく「ブラック病院」の可能性が高いです。いつも掲載されているという事は、「離職率の高さ」が挙げられます。常に募集しても人が辞める。辞めるので穴埋めするという意味でも募集しなければならない…。このような悪循環が考えられます。
なぜ離職率が高いのかは「環境があまり良くない」に尽きるのではないでしょうか。良い環境であれば辞める人はそこまで多くはありません。これは病院だけではなく、どのような案件にも言えるのではないでしょうか。また、せっかく入った病院です。ある程度は妥協して頑張ろうと思うでしょう。それでも離職する。
しかも常に掲載されているという事は、多くの人が離職している可能性が高いのです。どのような環境なのか、何となく見えてくるのではないでしょうか。知りたい!?転職サイト運営方法 無料で紹介しているのにどうやって運営しているの?

 

・あまりにも常識外れな文面が多い

病院もお仕事です。それくらいは看護師とて分かっています。ですが、よくよく見てみるとあまりにもおかしい言葉が並んでいるような病院もまた、ブラック病院の可能性が高いです。例えば「夜勤なし、残業なし」という病院。本当にないケースもあるかもしれませんが、そもそも病院勤務は24時間365日体制です。
特定の人間だけ「夜勤無し」というのはまず考えられません。「夜勤は8日以内」といった言葉であればまだしも「夜勤なし、残業無し、休日出勤なし」といったように、看護師であれば「本当に?」と思うような言葉が並んでいる病院は、「とりあえず面接に来てもらう」ためにいろいろと細工をしている可能性がとても高いです。

 

・口コミも調べてみる

気になった病院は口コミもチェックしてみると良いでしょう。口コミには実際にその病院で働いた経験のある看護師の声もあります。他にはないとても貴重な意見になるでしょう。転職サイト等にはどれだけ甘い言葉が並んでいても、口コミで「本当なのか」を確認出来るのです。
甘い言葉で誘っているだけなのか、あるいは本当に残業も休日出勤も夜勤もない職場なのか。「答え合わせ」は口コミで可能ですので、口コミを見てブラック病院ではないのかをチェックしましょう。